2016-6-26 キーワード

office-1

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

 

五平太です^^

 

 

 

 

 

ブログ記事を検索上位に表示させるには

キーワードの選び方が重要になります。

 

 

 

 

 

ブログタイトルにどんなキーワードを

入れるかを考えることが大切です。

 

 

 

 

 

 

キーワードを選択する簡単な方法で

 

 

 

でも知ってると知らないとでは

キーワードの選び方に差が出る選択方法が

あります。

 

 

キーワードの選び方の簡単な知識

 

 あなたはキーワードを選らぶときに

どんな方法をとっていますか?

 

 

 

キーワードプランナー

 

goodkeyword

 

などを使ってキーワードを

選んでいる方も多いとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

それではこれは気にしていますか?

 

 

それは

「intitle」と「allintitle」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「intitle」と「allintitle」を知っていると

お宝キーワードを見つけるのに役に

たつんです!

 

 

 

 

この二つを使って検索することで

キーワード選択が悩むことなく

あんがい簡単にできます。

 

 

 

intitleとallintitleとは?

 

 「intitle」とは

2つ以上の複合キーワードのうち 

1つでも記事のタイトルに入っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

「allintitle」とは

2つ以上の複合キーワードすべてが

記事のタイトルに入っている。

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば

「ゴルフ 初心者」という

2つのキーワードがあったとき

 

 

 

 

 

 

 

「intitle」は「ゴルフ」か「初心者」の

どちらかのキーワードが記事のタイトルに

入っている。

 

 

 

 

 

「allintitle」は

「ゴルフ」、「初心者」

この2つのキーワードが2つとも

記事のタイトルに入っている。

 

 

 

ということです。

 

 

 

検索数をくらべると

intitle>allintitle

というふうになります。

 

 

 

 

intitleが多くて

allintitleが少ないキーワードは

 

 

 

 

 

 

検索需要が多いが(intitle)

そのキーワードでのライバルが

少ない(allintitle)ということに

なります。

 

 

 

 

intitleとallintitleを使ったキーワード選択方法

 

 GoogleやYahoo!でキーワードを入れて

検索します。

 

 

 

 

たとえば「ゴルフ 初心者」という

2つのキーワードを使ってみます。

 

 

 

「intitle」を検索するときには

「intitle:ゴルフ 初心者」と打ち込んで

検索します。

 

 

intitle

 

 約475,000件が該当しました。

 

 

 

 

 

 

 

同じように

「allintitle:ゴルフ 初心者」と打ち込んで

検索します。

 

 

 

allintitle

 

約52,600件が該当しました。

 

 

 

この「intitle」と「allintitle」の比率は

約9対1になりますね。

 

 

 

 

 

20対1程度の比率のキーワードを選択すると

そのキーワードが入った記事が

検索上位に入る可能性がでてきます。

 

 

 

 

 

それとこの「ゴルフ 初心者」では

「allintitle」の検索数が多いので

3つ目のキーワードを選んで

もう一度チャレンジです!

 

 

 

 

 

 

intitleの検索数が多くて

allintitleの検索数が少ないのが

ねらい目です。

 

 

 

 

 

 

 

なれないうちは

「allintitle」の方のみにに注目し

 

 

 

 

 

「allintitle」での検索数が10以下の

複合キーワードでブログ記事を

書くのをおすすめします。

 

 

 

 

 

もちろん、この方法だけで

記事が上位表示されるというわけでは

ありません。

 

 

 

 

 

ただ、この検索方法を知っていると

お宝キーワードを探り当てることも

可能なのです。

 

 

 

 

「intitle」と「allintitle」この2つは

ぜひ、活してください。

 

 

 

 

 

 

検索するときに

「:」を忘れないでくださいね^^

 

 

 

 

 

「intitle:キーワード」です。

 

 

 

 

 

ではまた^^

 

 

 

 

 

 

五平太でした^^

新規コメントの書き込み