cool

 

 

こんにちは^^

 

 

 

 

五平太です^^

 

 

 

変なタイトルだな~と

思われました?

 

 

 

私も、そう思います^^

でも、この変なタイトルけっこう、

深いタイトルなんです。

 

 

 

 

 

私は営業マンなんですが、

いや、営業マンに限らず

他の人に、嫌われたいと思う人は

少ないと思います。

 

 

 

ただ、あなたがアフィリエイターなら

話は、ちょっと違ってきます。

 

 

 

 

「え! 相手に嫌われると稼げるの?」

ま~ちょっと待ってくださいね^^

 

 

 

 

「あなたは、自分の意思で

見えないワナにかかっている!」

 

 

 

 

アフィリエイト活動で

お客様とのSkypeでの会話や

チャット、メール等でのやりとりで

 

 

 

 

無理に、相手に嫌われる必要は

ありませんが、

無理に、好かれようとする必要も

ありません。

 

 

 

 

お客様になっていただける

かもしれない相手に対して

自分に好意を持ってもらいたい

と思うのは、自然なことです。

 

 

 

 

ただ、あなたが

そう思った瞬間から、あなたは

見えないワナにかかってしまっているんです。

 

 

 

 

抜け出そうにも、ワナにかかっていることに

気がついてない、あなたは

そのまま、どんどんワナから抜け出せなく

なってしまいます。

 

 

 

 

「相手に自分に対して好意を持ってもらいたい。」

そう、思った瞬間

無意識に、あなたはこんな精神状態に

なってしまっています。

 

 

 

「相手に、自分から商品を購入して欲しい!」

「この人に、購入してもらわないと困る!」

 

 

 

 

なぜ、そう思うんでしょうか?

 

 

 

 

それは、

あなたが「ないと困る」と

思ってしまうからです!

 

 

 

 

「ここで、購入してもらわないと困る」

と。

 

 

 

 

本当にそうですか?

あなたの、お客様は一人しかいないんですか?

 

 

 

 

主導権を簡単に失っては

いけません!

 

 

 

 

「ないと困る」と思った瞬間から

主導権は、あなたから離れてしまいます。

 

 

 

 

「購入して欲しい」という気持ちが

相手に伝わってしまうと、

あなたは、不利な立場に立たされて

しまいます。

 

 

 

 

交渉、商談の場で「欲しい」と思うのは

あなたではなく、

相手のお客様でなくてはなりません。

 

 

 

 

アフィリエイト活動に限らず

交渉をうまく進めたいなら

まず、「欲しい!」という気持ちを

表に出さないようにしなくてはなりません。

 

 

 

 

「購入して欲しいけど、購入してくれなくても

困るわけじゃあないよ。」

この、スタンスでいきましょう^^

 

 

 

 

あなたは、すてきなアフィリエイターです^^

 

 

 

 

一つの取引に執着するのは

やめましょう。

 

 

 

 

ダメなら、無駄な時間とエネルギーは

使わずに、また別の取引に

いどめば、いいだけです^^

 

 

 

 

拒絶されるのを恐れてはいけません。

その気持ちも「欲しい」という気持ちの

一つなんです。

 

 

 

 

「でもな~。言ってることはわかる気が

 するけど、なんか納得いかないな~」

と思われました?

 

 

 

 

そう思ったあなたには

この、言葉を送ります。

 

 

 

 

「交渉の時にハッピーな気分になっていいのは

 あなたではありません。

 ハッピーな気分になっていいのは、相手の

 お客様だけです!」

 

 

 

 

相手がハッピーになってくれれば

どうなりますか?

 

 

 

 

そうです!

相手の、お客様の心の壁が

なくなっていくのです!

 

 

 

 

あなたは、どう思われますか?

 

 

 

 

では、また^^

 

 

 

 

五平太でした^^

コメント一覧

  1. 五平太さん

    あなたは自分の意思で見えない罠にはまっている。

    これは、深いですね♪

    私もこの罠にかかってしまう事があります。

    私も相手のハッピーをしっかり心に思い描き
    行動したいと思います。

    また、応援させていただきますね♪

    • ZENさん

      お越しいただき
      ありがとうございます。

      これしかない
      この人しかいない。

      たしかに
      そんなことも
      あるかもしれません。

      ただ、多くの商いの場合
      一人のお客様
      一つの商談

      それに固執してしまうと
      主導権を
      自ら相手に渡して
      しまうことになります。

      そうなってしまうと
      もはや商いではなく

      一方的に相手の条件を
      のんでしまう
      一方通行になってしまいますね^^

      同じ商いをするのなら
      お互いに
      ハッピーにならないとですね^^

      ありがとうございます。

  2. 五平太さん、こんにちは。
    まみと申します。

    購入して欲しいが先に立つとお互い気持ちよくありませんね。
    お客さんにHappyな気分になってもらえることを意識していこうと思いました。
    応援して行きます。

    本当に大切だと思います。

    • のむらまみさん

      お越しいただき
      ありがとうございます^^
      お客様がハッピーになっていただければ
      自然と、こちらも
      ハッピーになります。

      難しいですが
      本当に大切なことですね^^

  3. 五平太さん 

    こんばんわ。

    記事、拝読いたしました。

    ビジネスって、相手に喜ばれないと
    成立しませんよね。
    ネットでもリアルでもこれは同じですね。
    最近、いろんな場面で改めて感じさせられます。

    最後の最後は人対人。
    PCの向こう側に居る人をイメージして
    ビジネスに取り組んでいきたいですね。

    私も五平太さんと同じく福岡住みです。
    いつか、お会いできると嬉しいですね(^^)

    応援していきます!!

    • 大場 隼人さん

      ご訪問ありがとうございます。
      どんなに、時代が進化しても
      地球に人が生活するかぎり

      最終的には人対人ですよね^^
      心の無いビジネスは
      長続きしないと
      私は思います。

      福岡をもりあげましょう^^
      福岡でビジネスグループつくりたいですね^^

  4. 「購入して欲しいけど、購入してくれなくても困るわけじゃあないよ。」

    いわゆるツンデレ作戦ですね。
    この意識を保てるように頑張りたいと思います。
    参考になりました♡

    • ワタノユキさん

      ご訪問ありがとうございます。
      欲しい!という気持ちを
      どう抑えるか。
      難しいけど、クリアしなくては
      いけない問題ですね。

  5. ご訪問ありがとうございます。
    お客様がハッピーになってもらうことが大切。
    深い言葉ですね。
    思っていてもいつの間にか忘れて
    自分の事ばかり考えているかも・・・

    これからは心してお客様第一で
    考えて生きます。

    応援させていただきますね。
    yutaka

    大変勉強になりました。
    これから

    • yutakaさん

      ご訪問、ありがとうございます。
      どんな、ビジネスでも
      人対人ですから
      自分の欲望が勝ってしまうと

      お客様が感情を持たれている
      自分と同じ人だということを
      忘れがちになってしまいますね^^

    • 伊藤正幸さん

      ブログへのご訪問
      ありがとうございます。

      seesaaブログもWordPressも
      はりきってらしゃいますね^^

      おたがい、はりきって
      いきましょ~^^

  6. おはようございます。

    >「交渉の時にハッピーな気分になっていいのは
     あなたではありません。
     ハッピーな気分になっていいのは、相手の
     お客様だけです!」

    深みのあるコトバですね。
    肝に命じさせていただきます。
    ありがとうございました。
    応援、ポチッ。

    • hirosatiさん

      ご訪問、ありがとうございます。

      難しいことですが
      お客様がハッピーになっていただければ
      自分もハッピーに
      なれますよね^^

      と、言い聞かせています^^


新規コメントの書き込み